薬事法ドットコムの会員登録で厳しい薬事法をクリアして業績アップ

皆さんが普段、口にする薬や肌に直接つける化粧品は厳しい薬事法で原料、製造法などをラベルに表示することが義務付けられています。
最近は健康志向が広まり、皆さんが薬としてみなしていないようなシャンプー、歯磨き剤、シェービングローションなどにも医薬品とか医薬部外品とかラベル表示されています。
この薬事法で定められたラベル表示のおかげで私たちは安心してその効能や効果が信用できるわけです。
しかし、ラベル表示ぐらいなら、それほど面倒ではありませんが、広告の表現までも薬事法が厳しくキメ細かく規制しているのです。
これがなかなか面倒で法と照らし合わせて、作成した広告が問題ない表現になっているのか?
この判断が素人には非常に困難な作業です。
普通の一般人にとって、昨今は広告文つくり自体が苦手な人が多いでしょう。
そんな中、作成した広告文を法的にチェックするなんて不可能です。
そんな不可能な作業を行ってくれるサービスが薬事法ドットコムです。
会員登録を行えば素人には不可能な広告表現チェックを法規制と訴求力の観から代替表現の提案をしてくれます。
これは非常に助かります。
広告ですから法律上だけ通過するようなモノではいけません。
売上アップにつながることでなくては広告の意味が全くなくなってしまいます。
そんなことにならないためには実績を上げた経験がものをいいます。
薬事法ドットコムは多くの有名なクライアントに対して行ってきたサービス経験があります。
会員になれば、このノウハウも得ることにもなるのです。
これは大きなメリットです。

http://www.grosmontgallery.com/gro/