公務員の試験について人づてに聞いたこと

風の噂で聞くことが多い公務員の試験については、人づてに多くの情報を知ることができると聞きました。
県庁職員から市役所の事務、自衛官や警察官など、公務といってもかなり幅広い物があり、当然のようにテストの内容も異なっています。
テストの対策は遅くとも一年前から行う必要があり、範囲は大卒から高卒程度の学力が必要とはいっても、かなりの面で専門性があり、予備校などに通って勉強する人が多いのも納得です。
テストにパスするために努力することは大変重要ですが、最初に自分がどういう形で仕事を決めたいかを定めておく必要があります。
それは、どの地域のどういう種類の仕事がしたいかを決めることになり、それによって受験の日程も変わってくるからです。
併願が基本になる公務員の試験は、全国で業種ごとの試験日程が違います。
それを最初に把握し、日程に合わせた勉強をしていくのが一般的な受験のセオリーだと聞きました。
知人が市役所の職員に合格してこの春から働くことが決まっていますが、彼の場合もいろいろと日程を調整し、市町村や県の枠を超えて、全国から自分の実力に見合った所を探したようです。
テスト内容も非常に細かい部分でチェックが必要であり、難易度も受けるものによって違います。

http://www.grosmontgallery.com/gro/