照らし過ぎないことの大切さを理解している株式会社モデュレックス

照明を選ぶということは、如何に物を照らすかを考えることだとイメージなさる方が多いでしょう。
しかし実際には、如何に照らし過ぎないようにするかを考えることも照明選びでは重要になります。
光に溢れていることは良いことだと考えられがちですが、光が強すぎる空間の中では眩しさを感じて物を見づらいと感じてしまったり、落ち着かない気分になったりすることもあるからです。
株式会社モデュレックスでは、その点をよく理解した上で、ライティング計画を立てています。
例えば、とある企業の社長室や役員会議室のライティングを担当した際には、ダウンライトを利用して必要な部分のみを照らすようにすることで、机の上は資料等を読むのに問題がない程度に明るいけれど、室内全体はほの明るく照らされているだけという風なライティングを計画・実施したのです。
光によって集中力が削がれてしまうことがないように、という配慮が行き届いたライティングだと言えます。
このような照らし過ぎないライティングにご興味がある方は、株式会社モデュレックスのサービスの利用を検討してみると良いでしょう。

http://www.grosmontgallery.com/gro/