万一の時のお守り代わりに

子供の補助輪が外れ、自転車を二輪で普通に乗ることが出来るようになりました。
これからはいろいろと行動範囲が広がり、友達と一緒に自転車で出掛ける機会も増えてくるでしょう。
子供の成長は親として喜ばしいのですが、自転車が乗れるようになると一つ不安なこともあるのです。
時折新聞などを見ていると、自転車との接触事故により被害者になった人やその家族から裁判を起こされ、損害賠償として1億近い金額を支払わなければならないケースがあります。
その加害者がたとえ子供であっても支払わなくて良い理由にはなりません。
もし自分の子供が意図せず加害者となってしまったら、そう考えると喜ばしいとだけは言えません。
自転車保険についていろいろと調べている時にこちらのサイトと出会い、自転車保険の必要性やおすすめの保険などの知識を得ることが出来ました。
自動車保険だと示談サービスがあることは知っていましたが、自転車保険にもそのようなサービスがあるそうで、そういったサービスがある保険を選んだ方が交渉の段階では上手く話が進むとありただお金を払って終わりではないのだなと目からうろこの気分でした。
保険料も安く、基本のものならばワンコインでお釣りが返ってくる程度なので家計の負担になることはありません。
【自転車らくらく保険の窓口】ズバリ自転車保険の選び方術

http://www.grosmontgallery.com/gro/