コインパーキング経営は遊休地の有効活用に適しています。

最近は大都市圏だけではなく地方都市でもかなり多くのコインパーキングを見かけるようになりました。
時間貸し駐車場として、コインパーキングは駐車場管理人が常駐する必要がありませんから人件費が不要となる分駐車料金が安く、便利に使えますし重宝するものです。
特に駐車違反車両の取締りが厳しくなっている現状を考えると,地方都市においてもコインパーキングの普及は納得できるでしょう。
コインパーキングは経営者にとっても、遊休地の有効な資産運用に非常に効果的です。
アパートやマンションを建築するほどのスペースがなく、限られた遊休地に数台の駐車スペースを確保してコインパーキングの営業を始めるなら、遊ばせていた不動産から収益を得る事が可能になるでしょう。
短時間駐車スペースを必要とする人に、自分の土地を時間貸しするコインパーキング経営は、迷惑駐車車両による交通渋滞や交通事故を未然に防ぐ、社会インフラの問題を解決するという点では社会に貢献する事業形態といえるのです。
実際地方都市でも中心街を中心に駐車禁止区域が非常に増えており、コインパーキングの必要性は高まっています。
将来的に経営面の安定が期待できるコインパーキング経営は遊休地の有効活用に適しているでしょう。

http://www.grosmontgallery.com/gro/