MRはどんなことをするのか

MRは医薬品という高度な知識を要求されるものを販売するために、医薬品の情報収集・情報提供を行う医薬情報担当者です。
その仕事はどのようなことをするのかというと、まず情報提供は自社医薬品が正しく安全に使われるためにその製品の作用・副作用すべてを提供していきます。
その情報を元に医師は、処方でどの医薬品を出すのか決めていきます。
また、情報収集は発売後にも安全性などに関する情報はどんどんと出てきます。
それを逐一チェックしていきます。
その情報については製薬会社全体で分析していき、それを処方で使っている医師に提供していきます。
つまりMRは刻一刻と増えていく医薬品の情報に常に目を光らせ、万が一のことがないように医療現場とコミュニケーションを取っていくのが仕事です。


新着記事

ダンスが好きな人にとっては生唾ものの作品たち
梅毒という性病の症状と再発について
相手企業の信用調査もできる手形割引
カビ除去に関する知識の豊富な業者と出会える

不動産担保ローンをオススメしたい人とは
京都のアフターホームへリフォーム依頼
憧れの横浜にオフィスをかまえました
マンションのコミュニティの充実でより良い住環境を
見て惚れ惚れ、使って惚れさせ、眺めてうっとりブルークの魅力
ゆったり気分で前撮りを。

(c)MRはどんなことをするのか
HOME