ウォーターサーバーの豆知識

ウォーターサーバーの豆知識

ウォーターサーバーで使われている水の含有成分を確かめる方法として、パッケージに記載されている「含有ミネラル分」が大変参考になります。しかしこの「含有ミネラル分」の表示形式には特定の書式があるわけではなく、その製品によって表記の仕方がまちまちとなってしまっています。
基本的には「含有ミネラル分」ではそのミネラルウォーター1リットルあたりに含まれるミネラルの量を表示しています。しかし最近よく見かけられるのが500ミリリットルなど小型のペットボトルの商品表示にその商品全体の量ではなく100ミリリットルあたりに含まれるミネラルの量を示しているものがあり、よく確認をしておかないとまぎらわしく誤解をしてしまいます。
実際に含まれている含有ミネラル成分についても「カルシウム」「マグネシウム」「ナトリウム」「カリウム」といった具体的なミネラル含有量について表記しているものもあれば、中にはまったく書いていないものもあります。今後ますます増えるだろうウォーターサーバー市場のことを考えると、きちんと比較のし易い記載基準の整備が望まれます。
また、製品表示にはpH値が記載されています。これは水が「酸性」か「アルカリ性」かを示したものです。最近好まれる傾向にあるのは人体に近い「弱酸性タイプ」のミネラルウォーターです。弱酸性の場合にはpH6.0~6.9を示しています。ウォーターサーバーを利用する前には、水のミネラル含有量にも注目してみましょう。